スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通機関の優先席、本当に必要な人に 譲る人と譲られる人、お互いが気持ちよく(産経新聞)

 眠り続けるサラリーマン、携帯メールに熱中する学生…。電車やバスなど公共交通機関の優先席をめぐるモラルの低さが目立つ中、高齢者や障害者、病気を抱えている人など、優先席を本当に必要とする人たちに座ってもらうことを促す動きが、都内で広がっている。

                   ◇

 ◆マーク公募を陳情

 「東京都パーキンソン病友の会」(小平市)では、座席を譲ってほしい気持ちに気づいてもらうためのマークの制定を進めている。きっかけは、同会会員で、元福岡県副知事の斉藤恒孝さん(66)の体験だった。

 パーキンソン病は全身の筋肉がこわばり動かなくなっていく難病だが、初期などは、一見難病を患っていることが分からない。

 混雑する通勤電車内では座れることはまれ。斉藤さんは、満員電車内で立ち続け、倦怠(けんたい)感で耐えられなくなったが、「席を譲ってください」と声をかけることはできなかった。

 同じ病気を持つ人たちに聞いたところ、やはり同じ経験をしていた。そこで、独自に「席を譲ってほしい」との意思表示をする「譲り合い感謝マーク」を考案。併せて都議会に平成21年9月、都が譲り合いマークの公募をしてもらいたいと陳情し、趣旨が採択された。

 5月15日の東京都パーキンソン病友の会の総会で案を報告し、活動を広げていく意向だ。斉藤さんは「マーク案にはこだわらないが、事情があって座りたいという人が付けていれば一目で分かるような、分かりやすいマークができたらうれしい」と話す。

 ◆キーホルダーでPR

 文京区の、がん経験者らでつくるNPO法人「HOPE★プロジェクト」では20年から、がんなど外見では分からない病気を抱えている人がいることを知ってもらうための「知ってほしい」キーホルダー(1個300円)を販売している。

 最近は、病院で抗がん剤治療などを受け自宅で暮らすがん患者が増えつつあるが、外見では健康な人と見分けがつかず、電車やバスなど公共機関では、ほとんど席を譲ってもらえない。

 販売を開始したところ、がん患者のみならず、パニック障害などの精神疾患を抱えた人や、足の弱い高齢者の家族などから購入申し込みが相次いだ。

 同様の趣旨のマークには、厚生労働省が進める妊婦がつけるマタニティマークなどがある。HOPE★プロジェクト理事長で、乳がん経験者の桜井なおみさん(43)は「キーホルダーやマークをきっかけに、もっとお互いを思いやれる社会に近づくとうれしい」と話す。

 ◆雰囲気づくり重要

 一方、若者らが高齢者らに自然と席を譲る社会を目指しているのが、東京商工会議所品川支部の「座席譲りを広める会」だ。

 16年から、区内の小中学生らに席譲りの大切さを普及啓発したり、熱心な一部メンバーは、優先席に座る若者に「席を必要としている人がいます。譲っていただけませんか?」などと丁寧に声をかけて歩く。決して無理強いはせず、譲る人も譲られる人も気持ちよくなれる雰囲気づくりを心がけているという。

 事務局の渋谷貴司さんは「声をかけた後で、妊娠や病気など、座らざるを得ない事情で座っていたことが分かっても、コミュニケーションをとりながら、座席譲りの大切さを理解していただいてます」

 HOPE★プロジェクトの桜井さんは、かつて病院帰りで体調が優れない時に優先席に座ったが、高齢男性に「ここは若い人が座る席じゃない」とたしなめられたことがあったという。

 桜井さんが座らざるを得ない事情を説明すると、男性は嫌な顔をしてその場を去った。それでも、最近は体調が良いときには、桜井さんは高齢者や妊婦らに優先席を譲りながら、キーホルダーを見せつつ会話を持ちかける。

 「すると高齢者も、携帯に夢中になっている若い人でも、大半が分かってくれるんです。座席の譲り合いには、コミュニケーションが非常に大切だと感じています」と桜井さんは指摘している。

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に(毎日新聞)
山崎さん、宇宙基地退去=同時滞在の野口さんに別れ-シャトル19日帰還(時事通信)
生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)

水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)

 政府は16日、国が定めた水俣病の認定基準から漏れた未認定患者を救済する特別措置法に基づく救済措置の方針を閣議決定した。1人当たり一時金210万円、医療費の自己負担分、療養手当月額1万7700~1万2900円を支給するなどの内容。5月1日に熊本県水俣市で開かれる水俣病慰霊式に鳩山由紀夫首相が出席する方向で、同日から救済の申請受け付けがスタートする。

 水俣病患者救済は、国が昭和52年に被害者救済の認定基準を示した。しかし基準が厳しく訴訟が相次ぎ、平成7年の村山内閣が政治主導で約1万人を救済。しかし、16年の関西訴訟の最高裁判決が認定基準より広く水俣病と認めたため再び被害を訴える患者が続出、昨年7月に特措法が成立した。対象は3万5千人以上になるとみられ、7年につぐ大規模救済になる。

 救済対象者は、手足の先ほど感覚が鈍いことや全身の感覚障害が認められる被害者。年齢は熊本、鹿児島両県は昭和43年12月末以前まで、新潟県は40年12月末以前までの生まれで、この地域に1年以上居住するか、水俣湾やその周辺、新潟は阿賀野川の魚介類を多く食べた者としている。

 母体を通じて汚染物質が入った可能性があるため、翌年11月末までに生まれた者も対象。これより後に生まれても、へその緒などで水銀摂取が分かれば対象となる。死亡患者も含まれる。

 被害者団体への加算金は3団体31億5千万円。申請者は公的診断書が必要だが、民間診断書の提出も認め、各県が設置する判定検討会で判定する。

 鳩山首相は「苦しみ抜かれた方々の気持ちを考えると大変つらい思いだ。おわびする」と陳謝、「結論を得たということでは良かったと思う方が多いのではないかと思う」とした。

3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)
舛添氏は「瀬戸際外交、人心は…」自民総務会長(読売新聞)
大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
環境省 雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

徳之島で「1万人集会」=普天間移設に反対-鹿児島(時事通信)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先に検討している鹿児島県・徳之島で18日、「米軍基地徳之島移設断固反対1万人集会」が開かれた。集会では、同島の3町長や島民代表らが移設反対を訴えた。
 集会は3町長や地元JA、町職員組合など約60団体で構成する移設反対協議会が主催。徳之島の亀津新港に設けられた特設会場で午前11時に始まった。
 反対協議会で共同代表を務める「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄会長(55)は、「中央に声が届かないいら立ちがあり、反対を政府や米国に訴えるため企画した」と説明。目標の1万人動員について、「2万6000人という島の人口を考えると無謀に思ったが、日に日に反対の声は高まっている。達成できると思う」と自信を見せた。 

混合診療解禁などで意見交換-民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機-東電(時事通信)
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足(産経新聞)

車両基地から導線盗まれる=重さ2300キロ-神戸新交通(時事通信)

 神戸市などの第三セクター「神戸新交通」は6日、同社が運営するポートアイランド線の車両基地から、保管していた重さ計約2300キロの導線(115万円相当)が紛失したと発表した。同社は盗まれた疑いが強いとみて、兵庫県警神戸水上署に被害届を提出した。
 同署によると、導線は1本約5キロ(長さ約6メートル)で主原料は銅。中古品でも、リサイクル業者に1本約500円で売れるという。 

【関連ニュース】
元福岡市助役らに7億円賠償命令=特別背任で有罪
流木、漂流ドラム缶回収を支援=漁場で、資源ごみはリサイクル
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
高校生2人、痴漢取り押さえる=150メートル追跡
日本ハム、CO2排出量表示商品増やす

<交通反則切符>バイクに持ち去られる 静岡・富士宮市で(毎日新聞)
<鹿島市長選>無投票で樋口氏が初当選 佐賀(毎日新聞)
末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針(時事通信)
中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
「勉強は…」私大下宿生の生活費1123円(読売新聞)

「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」会長の石毛●子衆院議員は4月7日、キャリアブレインの取材に、「介護保険法は一つの道具。地域ソーシャル法のような、(高齢者を抱える)地域や家族を支える制度が必要だ」と述べた。

 石毛氏は「地域包括支援センターが地域支援の総合窓口として機能していない」と、現行の介護保険法による地域支援の限界を指摘。さらに「ケアワーカーやケアマネジャーなど職能ごとの支援内容にも限界があり、要介護者の家族や地域住民などへの支援も不十分」と述べ、地域を支えるための包括的な制度が必要だとの認識を表明した。

 また、「厚生労働省と国土交通省の連携をもっと厚くしていくべき」と述べ、高齢者向け住宅政策での両省による連携が必要だとの考えも示した。

 介護従事者の給与水準については、「働くことの納得感を得られる処遇への見直しが必要」と話した。

●は金へんに英


【関連記事】
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長
民主の介護議連が設立総会
改正介護保険法施行法が成立
民主党の介護議連が31日に発足
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長

新党、月内結成へ=与謝野、園田氏-平沼氏との連携も(時事通信)
医師国試、合格率は89.2%(医療介護CBニュース)
入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火-京都府警(時事通信)
「主流になれず決心」=与謝野氏の自民離党で-中井防災担当相(時事通信)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。